自費出版で自分だけのお話を

最近、本を読んでいて「自分の好みに合わないなぁ」「自分の好きな話がない」と思うことはありませんか?世の中には星の数ぐらいの本の種類がありますし、そんなことはそうそうないと思います。しかし、中々ぴったりと自分好みの本やお話に巡り合うことはありません。そんな方にお勧めしたいのが自費出版です。自費出版は、自らお話を書いて、それを本にすることです。それならば確実に自分の好みが出ていますし、本なので自分の手元に置くことも可能です。記念の品としても良いと思います。もちろん、書店に置いてもらったりすることも可能ですし、もしかしたらそこからブームが生まれて、ドラマ化したりするかもしれません。良い例が山田悠介さんのデビュー作の『リアル鬼ごっこ』。これも元々は自費出版だったのです。それでなくとも自分の作品が他人に読まれている。もしもお金に余裕があり、文章の腕に自信があるなら出版してみるのも良いと思います。

自費出版の目的をしっかりと考えよ

自費出版とは原稿を書いた本人が自ら出版費用を支払って出版業者に依頼し、校正をしてもらい本の形に仕上げてもらう出版物のことです。そのため見た目の仕上がりは本屋に並んでいる本のような素晴らしい出来栄えに仕上がっています。さてその自費出版ですが、ここで気を付けないとならないのは安易な契約をしないということ、そして究極の目的がなんであるかを再確認することです。というのはそれに関するトラブルが多く発生しているからです。というのは自費出版だと出版社に依頼したら自分で費用を払うのに100万円単位のお金が必要な場合があります。しかしそれだけのお金を払いながら書店に出回っていないと訴訟になるケースが後を絶たないのです。そのような事例が多発しているのでもし本そのものを不特定多数の人間に売って収益を上げようと考えるならば再考を考えないとならないわけです。しかし同じ自費での出版でも知り合いなどに限定して無料あるいは有料での配布を考えているならばこれは出す意味はあるかもしれません。もっともこの場合は収益どころか大きな支出が発生した1つの趣味活動であることを肝に銘じておく必要があります。

自費出版で自分の本を作りませんか

自費出版という方法では世界で1つだけの自分だけの本を作る事も可能になりますよね。では、この方法で出版するメリットは何処にあるのでしょうか。例えば、色々な事を自分で選ぶ事が出来るのでまさに世界で1つだけのオリジナル作品を世に出す事が出来るという部分ではないでしょうか。例えば表紙はどのようにしたいのか、それとも、装丁はどのようにすれば良いのか、それぞれ自分の理想があるのではないでしょうか。その理想を全て反映させる事が出来ると言うのも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。他にもメリットはあるのです。それは、もし、売れ残った本は、自分のサイトを作ってそこで、販売をする事も出来るのです。こういった方法も選択する事が出来るのでとても大きいのではないでしょうか。皆さんも自費出版で自分の本を作ってみてはどうでしょう。

在庫保管や配送業務なども取り扱っております。早くて、正確、低価格に自費出版いたしませんか?本の種類や大きさから、お見積り致しております。特殊加工もできますので、お問合わせください。お客様にあった印刷種類をご提案いたします。データ入稿、紙ベーでの入稿、どちらでもOKです。紙や本文の文字などに箔押しも可能です。252円~から承ります。(50項100部の場合)入稿から仕上がりまで、日数に時間がかかりません!自費出版について